【性犯罪】旭川女子中学生集団暴行事件の内容が鬼畜過ぎる!

公開日: (1,162 views)

旭川女子中学生集団暴行事件とは1996年12月に発生した北海道旭川市の市立中学校の女子生徒に対する集団性的暴行・強姦事件である。
クラスでもかわいい容姿だった中学1年生の女子生徒が不良少年の告白を断ったことがキッカケで3年間にわたる凄惨な集団いじめがスタートする。
最初は男子生徒11人によるスカートめくり、服の上から身体を触られるなどの軽い性暴力から始まった。当然女子生徒は担任教師に助けを求めるが軽い注意にとどまり、大して注意されなかった不良少年たちは行為を次第にエスカレートさせ、日常的に少女の身体を弄ぶようになった。
男子生徒に囲まれ全裸にされたあと、胸や尻を触られるなどの卑劣な行為が毎日のように続き、中2の夏に男子生徒の家に連れ込まれてレ○プされる。
その後、公園や橋の下などで口淫を幾度となく強要。毎朝呼び出され口淫をしたあと「今日もおいしい牛乳をありがとうございました」と言わされていた。
公園内のトイレにて浣腸器具を用いて強制的に排泄行為をさせていた。
下着を着用せずに登校させ、ワイセツ行為を繰り返していた。
校内のいたるところでフ○ラを強要。授業中にもかかわらず少女を便所へ連れ出し、裸にしたあとフ○ラをさせていた。
そしてリーダー格の少年がこっそりセ○クスをしていたことが仲間にばれ、フ○ラだけで我慢していた大勢の不良少年たちが俺も俺もと少女にセ○クスを迫る。
暴力を受けながら代わる代わる中出しをされ、水をかけられ泣いていた少女を友人の女子生徒が発見し、事態は収束へと向かう。

まるで官能小説だ!

※動画の画面左上にあるリストマークをクリックすると動画一覧が表示されます
※動画は全て自動取得の為、意図せず違った動画が表示される場合があります

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お気軽にコメントをどうぞ

内容に問題がなければ「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Powered By 画RSS
PAGE TOP ↑